ハイドロキノン 副作用

ハイドロキノンの副作用と対処法※白斑や湿疹ができる?

ハイドロキノン 副作用

 

ハイドロキノンといえば、美白成分が有名ですよね。
シミやくすみを取り除いてさらに手に入りやすく、
効果がでやすいことで使用している女性も多いと思います。

 

そんなハイドロキノンですが、使い方によっては副作用が出てしまう事もあるようです。
どんな副作用があるのか、ご紹介していきます。

 

ハイドロキノンで皮膚が赤くなる?

ハイドロキノンを使用していて、皮膚が赤くなってしまうなどの症例があるそうです。
皮膚が弱い人や濃度の濃い美容液を使用すると
皮膚がむけてしまったり赤くなってしまうことがあります。

 

もし、そのような症状が出た場合は、
すぐに使用を中止して皮膚科に行って医師の診断を受けましょう。

 

特に、濃度が強いものを使用した時に症状がひどくなるようです。
先に、パッチテストをして肌に合うかどうか試してみたほうがよさそうです。

 

皮膚のそのような時は、先にお化粧水などで肌を保湿してから、
ハイドロキノンを使用すると皮膚への負担が軽減されるようです。

 

また、濃度が低い化粧品もあるそうなので、皮膚科で相談するとよいそうです。

 

ハイドロキノンで白い斑点?

もともとアメリカでハイドロキノンは、
しみの治療薬として長いことお化粧品の成分として入ってきていたので
アメリカで美白といえばこの名前が出てくるのは当然なのです。

 

日本では、医師のもと使用が認められていたのですが
2001年から、日本でも使用が許可されました。

 

もともと日本ではハイドロキノンベンジルエーテルという似ている成分を使用して、
しみの治療薬として使われていましたが、
白い斑点ができてしまう副作用があるということで、
前面使用禁止になってしまった歴史があるのです。

 

混同されてしまう人が多いのですが、
ハイドロキノンベンジルエーテルとハイドロキノンは全く別のものなのです。

 

ハイドロキノンの副作用

でもそんな美白に万能なハイドロキノンにも実は副作用があるのです。
とっても強い成分なので、お肌が弱い人や敏感な人は
使用した際に、赤み湿疹が出てしまうことも・・・。

 

また、濃度が高いとお肌への負担も大きいそうなので注意が必要です。
そして、何より気をつけなければいけないのは紫外線対策
朝にハイドロキノンをつけた場合絶対に日焼け止めや紫外線対策をしてくださいね。

 

何もつけないと、成分によって肌に何もつけないで
真夏のビーチに行くようなものなので。

 

その副作用さえ気を付ければ、
ハイドロキノンはシミ対策にはかなり効果的だと思うので、
上手に利用してみてくださいね♪

 

 

↓シミを消す!ビーグレンのハイドロキノン配合クリーム↓

 

⇒シミ取りはハイドロキノン配合のクリームで簡単にできます

ホーム RSS購読 サイトマップ